名づけの意味

名づけの意味

現在、日本で「名づけ」に使える漢字は、常用漢字1,945字、人名用漢字778字、旧字体205字の2,928字です。
ひらがな、カタカナ、長音(ー)反復記号(ヽヾ々)が使えます。
また、名前は基本的に読ませ方は自由です。
しかしいくら自由とはいえ、あまりにも安易な「名づけ方」や「読み方」も本人が一生、付き合っていく名前なのですから、負担や負い目にならないように注意したいものです。
尊敬する偉人やその年に活躍したスポーツ選手の名前をもらう「あやかり名」であったり、「人気名前ランキング」を参考にするのも方法です。
どんな「名づけ方」にせよ、我が子の幸福を願う親の思いは変わらないのです。
漢字の意味を調べる「辞典」や、最近ではインターネットで「姓名判断、名づけ」も受けることができます。
よく云われている「名づけ」の注意点とは、「読みにくくないか、発音しにくくないか、聞き取りにくくないか」を声に出し読んでみたり、そして「姓名ともに画数が多すぎないか」など、実際に紙に書いてみることです。
字体の並びで、例えば「田口国昌」など全体に四角囲い漢字を使うのも、バランスがよいとはいえないでしょう。
確かに名前は一生使うもので「名づけ」は大仕事に感じますが、1番大切なのは、親が子供を愛着を持ってどう呼んであげたいか、とい愛情心です。
そして「素敵な名前をありがとう」と子供にいわれるような愛着ある名前であってほしいものです。